家づくり③

こんにちは(*^^*) さくらスタイルです🏠🌸

本日はお家づくりのステップ③、【住宅会社選び】についてお話します。

家族会議や見学会などで、「マイお家づくりノート」にアイデアが固まってきたら、いよいよ住宅会社を決めていきましょう!

住宅会社選びは、家づくりの前半の大きな山場です。住宅会社のタイプごとの特徴や工法を知り、自分達にはどんなタイプが合っているか見極めていきましょう。

まず、住宅会社のタイプとしては大きく2つ。いわゆる大手住宅メーカーか地元密着型の工務店かです。

○大手ハウスメーカーは、全国各地に支店を持ち、広告も目にふれる機会が多いため、良く知っている・安心などのメリットを感じられます。ただし、実際の工事は下請けの工務店に委ねている場合がほとんど。広告費などが価格に反映されている分、全体的に高価です。

○工務店は施工前の様々な相談・プランニングから、施工後のトラブル対応まで柔軟に対応してくれます。価格は低めですが、会社の規模は小さめなので、技術やセンス、信頼度などは個々に拠って差があることも考え、健全経営かなどが重要な見極めポイントです。

○その他、個性的な家をご希望の場合は設計事務所がおすすめです。凝った家づくりをする都合上、どうしてもコストが高くなりがちです。

○2つのタイプ以外に案外知られていないのが、フランチャイズ形態です。企画から宣伝までを手掛ける本部と、施工を行う加盟店(主に工務店)で構成されています。一括仕入れなどでコストダウンを図れるので、標準仕様内で建てれば安く建てることができます。メーカーと工務店のいいとこどりのようなものでしょうか(^_-)ちなみにサイエンスホーム伊勢崎店はこちらになります\(^o^)/

日本の戸建て住宅の構造は、大半が木造です。工法は、柱と梁でつくられた骨組みで建物を支える「軸組工法」と、壁(面)で建物を支える「壁式工法」とに大別されます。どんな構造・工法にもメリット・デメリットがあります。住宅会社ごとに得意とするもの・取り扱っていないものもありますので、どんな家が希望なのか、総合的に判断して決めましょう。

・・・と言われてもなかなか判断が難しいのが実際のところ。お客さんとしての立場も経験した、私個人的な意見になりますが。。。家づくりもつまるところ「人と人との出会い」です。会社の担当の方、施工業者の方、そんな方々が自分の家づくりに対して真摯に向き合ってくれるかで判断しても間違いはないと思います。

もうひとつ、「いい会社」の判断基準として、施工前と施工後をぜひ考えていただきたいです。

●建てる前の段階⇒資金計画や土地探しなどから親身になってくれるか

●建てた後のこと⇒家は建てて終わりではありません。後々のメンテナンスや保証がしっかりしているか

ぜひ、上記のポイントを参考にしていただき、お客様にぴったりの住宅会社と出会われることを願っております☆

瑞穂建設でも施工前の様々なご相談、受け付けております♪

↓お問い合わせはこちらまで↓
➿TEL:0120-43-5515
✉MAIL:science@mizuho-at.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA